一般社団法人大東青年会議所 メンバー紹介

持続可能なまち確立委員会

委員長

三ツ川 拓治

 

1.基本方針

 

 世界的にみても深刻な日本の少子高齢化は人口減少に繋がっており、今後も加速していきます。大東市においても、65歳以上の人口が増え続けるなか、スピードは緩やかではありますが2000年の131,096人をピークに総人口は減少傾向にあります。このような課題があるわがまち大東が「明るい豊かな社会」の実現に向け、持続可能なまちとして存続していくためには、定住人口を増やし域内消費を拡大させなければなりません。

 

 大東市は都心からのアクセスがよく、交流人口が1日で125,000人以上もあり、昼間人口が夜間人口よりも多くなっています。これは他市から通う学生や勤労者が多いことを示しています。持続可能なまちに向け域内消費を拡大させるには、この多くの交流人口を定住人口に変えていく必要があり、その中でも次世代を担う若者の定住は欠くことのできない課題の一つとなっています。住みたいまちと考えたとき、どのようなまちを思い起こしますか。交通の便や行政の政策など様々な要因はあります。しかし、重要なことはそのまちとのつながりによって生まれる愛着心ではないでしょうか。 大東市は交流人口からもわかるように、多くの若者がまちと関わりを持っています。そこで我われJCがこの関わりをつながりへと昇華し、若者が大東市を第二の故郷と想う愛着心を育む運動を展開してまいります。そしてこの運動が将来的な定住の一助となり、わがまち大東に若い力があふれ、持続可能なまちとなることを確信しています。

 結びに委員長という大役を仰せつかり、光栄に思うと共に身の引き締まる思いです。2019年度スローガン Positive Active Creative ~愛するもの すべてのために~ のもと、大東洋弌副理事長、委員会メンバー、徳田和正委員長をはじめとする交流委員会メンバーと共に、精一杯邁進いたします。どうぞ皆様のお力添え、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

 

副委員長

 友成 直大

 

統括幹事

 花城 清成

 

委 員

尾崎 昌紀

田中 恒成

田村 敏一

松本 弘平

宮本   聡

山本 裕史