一般社団法人大東青年会議所 メンバー紹介

ゆめ育委員会

ゆめ育委員会 

委員長

白井 智

 

1.基本方針

 

近年、子どもたちが育つ社会環境と親子の関わり方の変化によって、子どもたち自らの将来のとらえ方に大きな変化が起こっています。日本の子どもたちは諸外国と比べて自尊 感情が低くなる傾向があり、将来への夢を描けないという指摘もあります。その要因として地域社会や大人たちが夢を応援するのではなく、自分たちの経験などから子どもの夢に対して消極的な反応をしてしまうということもあり、子ども達が夢を応援してもらえなくなる傾向があるように感じます。子どもたちは夢を描くことが 出来ないのではなく、夢を語ることが出来ない環境で育ってしまっているのではないでしょうか。人生という時間には人それぞれ限りがあります。その限られた時間の中で夢を描き、語ることは大切なことであり、自らが設定した目標を一つずつ達成していくことが夢に突き進む第一歩だと考えます。

 

そこで、ゆめ育委員会では子どもたちが自由に夢を語ることができ、大人たちがポジティブな気持ちでその夢を受け止め、私たち大東青年会議所と地域社会全体でドリームサポーターとなり、子どもたちの夢を後押しできる運動を展開してまいります。JC運動の中で子どもたちがいきいきと輝くことにより、一人ひとりの描いた夢をきっかけに、人と人との結びつきが強くなります。家族や友人、地域社会全体が夢に共感し、絆の強い地域へと発展することで希望が溢れる明るい未来へとつながると確信しております。

結びになりますが、作見剛副理事長そして中村真吾副委員長並びにゆめ育委員会メンバー、飯原清一委員長をはじめとする総務広報委員会メンバーと共に、2019年度、森崇倫理事長のスローガン Positive Active Creative 〜愛するもの すべてのために〜 を心に刻み、1年間、積極的に活動してまいりますので、皆様、より一層のご指導ご鞭撻、並びにご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

副委員長

中村 真吾

 

統括幹事

宮本 篤

 

委 員

岡本 真治

崎山 太一

二上 雄介

春名 智恵

宿女 鉱太郎

山本 泰史

大人たちが子どもの夢を理解し心から受け入れられる、環境づくりをおこなっていくことが重要と考え、5月に公開例会講演会を開催いたします。まずは大人たちが夢の大切さを改めて考え直し、心にゆとりを持って前向きに夢を受け止め、そしてその夢に対し共に寄り添い突き進んでいくことを目的とします。講師にはレモンさんこと山本シュウ氏をお呼びしております。

 

 

後日アンケートはコチラ